私の友人は非常に優秀で、子供の頃から勉強もできたし、現在は一流企業で働いています。仕事ぶりは早くて正確、取引先に対しての気遣いも細やかで、職場での評価も非常に高いです。

 

本当に有能なすごい人なんですが、たった1つだけ困ったことがあるのです。それは字がきれいではないことです。別に読めないということはないのですが、なんというか、子供が書いたような字でとても幼くみえます。それで非常に損をしているようです。

 

例えば取引先と書類をペーパーでやり取りするとき、またお礼を伝えるとき、友人はきちんと直筆の手紙を添えます。書類自体は完璧で素晴らしい出来なのに、なんだかその手紙の字を見ていると、とたんに頼りないというか、がっかりするというか…とにかくいい印象を与えなれないのだそうです。時折、取引先の人などに笑って指摘されることもあるそうです。確かに友人の字を見ると文面もマナーも完璧なのに、字が幼くて汚いというだけでなんだかかなり損をしているなあと感じます。

 

元が優秀な人だけに、本当にもったいないのです。字さえ直せば完璧なのに、と思います。

 

字はすぐにはきれいにはなりませんが、ちょっとしたコツを覚えればきれいになったように見せることは可能です。そう伝えると、勉強熱心な友人は早速字をきれいに書く本を買ってきて勉強したようです。結果、きれいとはいかないまでも、以前よりも全然字から受ける印象が変わるようになったそうです。

 

実際のところ、字が仕事にどれだけの影響を与えるか、数字的にはでてこないのでわかりません。それでも友人は字が少しきれいになったおかげで、以前よりも更に自信をもって仕事にのぞめるようになったと私に語っていました。