お習字を小学生、二年生頃から習っていました。最初は硬筆だけ、エンピツで書くだけでした。そのうち毛筆も習うようになりました。とても文字が綺麗に書けるようになった、というわけではありません。あいまいな記憶ですが、初段か、そこいらで辞めたような気がします。

 

元々、とても文字が汚かったのです。読めないくらいの雑な文字、どうしようもない状態でした。

 

これではいけない、と両親が習字教室へ通わせたのです。

 

最初は不服でした。習字教室、という漢字の響きがそもそも気に入らなかったのです。

 

バレエスクールや、ヴァイオリンレッスン、というカタカナの響きが良かったのです。

 

しかし、習字教室でも、年配の先生を驚かすほどの下手くそな字だった私が、普通の文字を書けるようになったことに、今では感謝しています。

 

残念ながら、普段の文字は、乱暴です。しかし、ちょっと丁寧に書こう、という時には、きちんと人が読める文字を書くことができます。

 

大人としては常識ですが、小学生の頃に、習字に通っていなければ、できてていなかったでしょう。

 

毛筆も、決して上手ではありませんが、習いました。こちらも初段くらいだったと思います。

 

きっとそれ以上、上達する見込みもなかったのでしょう。

 

しかし、私もやったことがある、という自信につながっています。

 

お習字を習う事は、とても大切な事だったのだな、と今でも親にありがたい気持ちを持っています。

 

子供の頃には分かりませんでしたがね。