私が、小学校に入学した頃から通いだして、唯一長く続けていた習い事は、習字教室です。正直、字を書く事はあまり得意ではなく、習字教室の中でも、とびきり良い段でもありませんでしたが、書道が嫌いではなかったので、長く続けられたのだと思います。

 

教室では、本日のお題が決められていて、一枚書いては先生に指導してもらい…という様なシステムでした。なので、先生の所へ見せに行く時だけ立って、その他はひたすら正座をして過ごしていました。もちろん、足も痛くなりますし、姿勢を正しくしていなくてはいけないので、子供ながらにとてもきつかったのを覚えています。しかし、正しい姿勢で書かないと綺麗には書けなかったので、仕方のない事なんですが、それを自然と続けていると、なんだか背筋が伸びて、体の中がシャキッとした感じがしていました。今でも、たまにやりたくなって、椅子に座って簡単に書道をしたりしますが、終わった後は、背筋が伸びている様でとても気持ちの良いものです。子供の頃は、長く続いたとはいえ、やはり行きたくない日、やりたくない日がありましたが、頑張って通い続けて良かったと思っています。今でも、字を書くのは下手くそだけど、綺麗に見える様に、丁寧に書く意識はとてもありますので、やはり、習字教室に通っていたから、そういった意識が付いているのだなと感じます。体をシャキッとさせたい時、なんだか最近姿勢が悪い様な…と感じた時にでも、趣味程度に楽しむのも体がピンとして、気持ちが良いものだと思います